バイナリーオプションで一攫千金

初心者の投資入門としてバイオプがおすすめ

老後の生活を送るための基盤となっている「年金」に関して、今後も安定して給付され続けていくのかどうかということが非常に大きな問題となりました。今や老後の生活を安定させるためには、国ではなく自分自身で収入源を確保するなどの対策をしておかないといけない状況になっています。そんな状況の中で、最近は「投資」をベースに資産形成をしていくというスタイルが非常に人気です。

 

一口に投資と言ってもその対象は様々です。株式・不動産・金・国債・外国為替など、投資の対象となるものは多種多様です。それぞれにおいてメリットやデメリット、難易度などに違いがあるためしっかりと吟味して選ぶことが必要になります。そんな中、特に初心者に向けておすすめしたいのが「バイオプ」という方法です。

 

バイオプはFXなどと同じように外国為替を対象にしています。二つの通貨間の取引相場の変動を利用して売買益を出すことを目指します。詳細な取引方法については割愛しますが、FXは比較的簡単に始められるというメリットはあるものの、時として非常に大きな負債を抱えることになってしまうというリスクもあります。もちろん莫大な資産を得ることも可能ではあるものの、初心者にとっては簡単とは言いづらい方法です。

 

しかし、バイオプの場合は莫大な資産形成の可能性は十分に持ちながらも「負債をコントロールしやすい」という大きな特徴があります。どちらも同じ外国為替の変動を利用しているものの、バイオプの場合は購入した為替(ポジション)が行き着く先は「0か100」です。満期のタイミングで予想が外れていれば購入金額はパーになってしまいますが、的中していれば一定のペイアウトを受けられます。また、途中で「予想が外れそうだ」と思った時には途中生産してその時の利益もしくは損失で決済することも出来ます。大きく稼げることは確かに魅力とは言えますが、何よりも初心者にとって必要なことは「負けないこと」です。また、仮に負けてしまう場合でも「リスクを減らすこと」が大切であるため、バイオプがおすすめだということになります。
お勧めサイト:http://バイオプ攻略2014.com/

 

 

バイオプの取引方法と魅力について

 

バイオプとは、FXに近い為替取引によって収益を得る方法です。FXに比べると仕組みが簡単で初心者でも始めやすいということが魅力で、非常に多くの方が行うようになっています。

 

バイオプを行う上で知っていおく必要があることは、「国内と海外とでルールが違う」ということです。大筋の部分は共通しているのですが、国によっては取引時間が違ったりペイアウトの倍率が違うといった感じで特徴があります。それぞれにおいてメリット・デメリットがあるため一概にどの方法が良いということは言えませんが、それぞれの事を良く知ってから選ぶことが大切です。

 

バイオプの取引方法は非常にシンプルです。簡単に言えば「ハイ&ロー」を為替相場を使って行っていると言えます。国内バイオプの場合、取引回ごとの満期時刻に相場がどこにあるのかを良そうします。例えば、予想の段階で100円/ドルだったものが満期時刻にはは110円/ドルになっていると予想する場合、「円安」方向にポジションを取ることになります。その際、基準ラインが100円/ドルであればわかりやすいのですが、105円/ドルと95円/ドルにしか基準ラインが無ければそのどちらかを選ぶことになります。

 

105円/ドルの場合、今よりも更に円安方向に動かなければ基準ラインを超えることが出来ませんが、95円/ドルの場合にはすでに円安方向にあります。この場合、前者では購入金額が200円となり後者では購入金額が500円になるといった違いが生まれます。最終的に予想が的中した場合の払い戻しは一定であるため、なるべく安くポジションを購入したほうが利益は大きくなります。しかし、的中範囲が広がれば広がるほど購入価格は高くなり、期待度が上がるほど価格も高くなるため「いつ、どのポジションを取るか」ということが大切になります。大きな利益を目指して通り基準ラインにポジションを取るか、安定収支を目指して的中率を重視するかを見極めるのですが、単純に50%で的中するので初心者でも簡単に始められるという魅力があります。

 

 

新しい投資で人気となっているバイオプ

 

資産運用の手段としては昔は銀行や不動産が人気でしたが、銀行の金利は超低金利とずっとなっているために現在ではほとんど利息が付きませんし、不動産に関してもバブル崩壊をきっかけに安全神話が崩壊してからはバブル期ほどの人気では無くなっています。
最近では株取引やFXによる資産運用が人気となっていますが、これらの方法はある程度の知識が無ければうまく運用する事が出来ず、初心者にとっては敷居が高いものとなっています。
そこで投資初心者でも単純で分かりやすい方法として、比較的最近になって登場したバイオプが人気を集めています。
バイオプというのは例えば円とドルの為替チャートを見て、ある時点での価格よりも指定された時間の後の相場が円高になるか円安になるかを当てるという単純なルールとなっています。
株やFXのように為替や株の相場に合わせて資産が増減するのではなく、予想した結果が当たっていれば儲ける事が出来、逆に外れている場合は投資した金額が失われます。
FXの場合は預けた証拠金以上の損失が出るリスクがありましたが、バイオプでは投資した金額以上の損失が発生する事が無いために、自分の資産は自分で管理する必要があるもののリスク管理が行いやすくなっています。
また、取引は短期で終了するために損失が翌日まで持ち越されるという事もないです。
そして株やFXとは違って相場の動きが少ない時でも大きく儲ける事も可能です。
ただし、バイオプの場合はFXとは違って相場の読みが外れた場合に途中で損切りをして損失を抑える様な事が出来ず、当たるか外れるかの二択であるのでギャンブル性が高い点は注意が必要です。
単純で分かりやすいとは言っても実際にバイオプで利益を上げようとするのであれば相場を分析して動きを予測する事も求められるので、それなりに相場の読み方については勉強しなければ上手く利益を上げる事は難しいです。

 

FXの売買のやり方には、様々な種類があります。
一般的には、いわゆる手動で売買を行っている方々は多いでしょう。外貨の動きを確認し、リアルタイムな成り行きの注文で売買をしている方は多いかと思います。いわゆる裁量取引と表現される事があるのです。
しかしその金融商品では、自動的な売買をする事もできるのですね。そして一部の方は、どちらが良いか迷ってしまっている事があるのです。2つもの選択肢があるとなると、確かに迷ってしまいがちではないでしょうか。
結論から申し上げれば、資金を分散するのが良いと考えられます。なぜならその方が、損失額が軽減できると考えられるからです。
例えば100万円があるとしましょう。それをすべて裁量取引だけに充当するのも一法なのですが、残念ながらこの金融商品にはリスクがあります。一歩間違うと、その100万円が全て吹き飛んでしまう可能性もゼロではありません。というよりも、そのような事例は非常に多いのですね。僅か一晩で、数億円が消えてしまっている事例も見られます。もちろんそれは、大変悲しいことでしょう。
そうではなく、50万ずつに分割する方法があるのです。つまり50万は、裁量の方に充当します。そして残る50万は、前述の自動的な方法のための資金に充当するのですね。
このように資金を分配しますと、上記のような吹き飛びのリスクを減らせる事が多々あります。たとえ裁量の方法で大きな損失が発生してしまっても、ダメージは50万に抑える事ができるでしょう。
また自動的な方法が、裁量の方法をカバーしてくれる事もあります。手動の方法では30万程の損が発生していても、自動の方法が20万円分の利益を生み出してくれる可能性もあるのです。
つまり資金を散らしてみる訳ですね。そうすれば、ダメージは最小限に抑えられる傾向があります。
このように2つの方法を用いるやり方は、分散投資という表現が用いられる事もあるのです。もしも資金に関する不安があるならば、FXの自動と手動の方法に分散をしてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:20:04

投資における大事な点の1つに、イメージがあります。
そもそも売り買いをする時には、私たちは色々と想像する事が多いですね。将来的にどのような状況になるか、頭でイメージを描くことが多いでしょう。
もちろんFXも、それは同じです。チャートを見ていると、今後の状況を色々と想像することになるでしょう。そしてもちろんその時には、色々とイメージを描くことになります。
そしてイメージ通りになった時には、もちろん注文を行う方が良いのですね。逆にイメージと違う動きになっている時には、見送った方が良いのです。無闇に注文をしてしまうのは、ケガの元だからです。
ところでイメージを描く時には、1つだけにしない方が良いですね。できれば複数のイメージを描く方が良いでしょう。
例えば今後の動きがVの形になると考えたとします。チャートを確認して下落が見られた時には、もちろんVの一番底を狙う事になるでしょう。
ところが外貨の動きは、必ずしもVの形になるとは限りません。もっと別の形状になる事も、大いにあり得ます。Jのような形になるケースも、ゼロではありません。
その2つをイメージしているのといないのとでは、全く結果が違ってくるのですね。まずチャートを確認して僅かな上昇が発生したのであれば、もちろん買い玉を保有するべきでしょう。Jの形になるというイメージを描いている訳ですから、今後はかなりの勢いで上昇すると考えられるからです。
しかしVの形しかイメージをしていないと、売買を見送ることになってしまいます。それでせっかくの急上昇のチャンスを、逃してしまう可能性もあります。それはちょっと勿体ないと思います。
ですのでFXで売買を行うのであれば、描くイメージは1つだけではない方が良いのです。単純にVの形だけをイメージするのではなく、Jもイメージをするべきなのですね。できるだけ多くの形状をイメージする方が、後々になって利益が発生する確率も高まるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:20:04

過去に私は、保ち合い相場で痛い目にあってしまったことがあります。それも決まって昼間の時間帯に、そのような状況になってしまっていたのです。
数年前のFXの相場は、次のような動きになっている事が非常に多い状況でした。まず朝9時頃から、大きな値動きが発生する傾向があるのですね。たいていは円高になっていました。ちょうど当時は円高が加速している時期だったので、朝方は素直に円高の方向に行くケースが非常に多かったのですね。
当時の私は、その朝方の時間がとても好きでした。朝の時間帯に売り玉を保有すると、かなり高い確率で利益が発生していたからです。時にはその時間帯に、1円分の利益を獲得した事もあります。ですのでその時間帯は、狙い目でもありました。
ところが問題は昼間の時間帯です。当時は、昼間はあまり値動きが発生しない傾向がありました。上昇するか下落するかはっきりせず、いわゆるトレンドが見られない状況が多かったのですね。
ちなみに現在では、そうとは限りません。現在では突然のニュースによって、大きな動きが発生するケースもしばしばあります。ここ最近は、ちょっと円安に動くケースが多いように感じます。
いずれにせよ当時は保ち合いだったのですが、私はその時に売買をしてしまった事が何回かあります。それで午前中に稼いだ利益を、すべて吐き出してしまった事が数限りなくあったのですね。それを教訓に、私は昼間の時間帯は売買を行わないようになりました。特に12時台や13時台は、絶対に売買を行わないルールに決めたのですね。
上記の私の失敗の原因は、やはり苦手な相場で売買を行ってしまった点です。私にとっては保ち合いは苦手なのですから、そこでは売買を行わない方が良いのですね。むしろ休むべき時間帯といえるでしょう。そして動きが活発になる20時くらいから、もう一度売買を再開するのが賢明だったと思います。
このようにFXでは、苦手な局面では決して売買を行わない方が良いでしょう。せっかく稼いだ利益を、全部吐き出してしまう可能性があるからです。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:20:04